空き家・空き店舗の活用

どのような活用方法があるでしょうか?

リノベーションで建物を新しく

地域おこしで使えるのが空き家・空き店舗の活用です。空き家をリノベーションして不動産物件として活用するのもいいですし、シェアハウス、個人向けのオフィスとしても活用が可能です。活用の仕方は様々ありますので、ここでは活用法についてみていきましょう。

地域おこし協力隊の受け入れ

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。この制度を使って、優秀な人材を地方に取り入れ、受け入れた際に空き家を活用して住んでもらうこともできます。また彼らとともに空き家・空き店舗の対策を一緒に考え、街づくり、地域おこしの活性源にすることも有効です。

コワーキングスペースを創る

大きな古民家をリノベーションしてコワーキングスペースとして活用するのはどうでしょうか。コワーキングスペースとは、起業家やフリーランスで働くひとが、自身の仕事場として使えるオープンなオフィスです。今はインターネットが繋がっていれば仕事ができる時代です。エンジニア、クリエーター、YOUTUBERやオンラインカジノで稼ぐなんていう人も、そこに集って自身の仕事をすることができるのです。